薬剤師になるまでの道のり

薬剤師になるまでの道のり

国家試験に合格する

 薬剤師になるには薬学系の大学に進学するところから始まります。そこで薬に関する様々な知識を習得し、最終的には国家資格を取得するために試験を受けなければなりません。試験に合格することで、薬剤師として働くことができるスタートラインに立つことができます。

 薬学部は、6年間大学に通うことになります。薬学系の学科を設置している大学は全国にあります。薬剤師になって患者のために働きたいと思っている人は、まずは薬学部に通って必要な学問をしっかり学ぶ必要があります。

 大学では生物化学・薬剤学・疫病学・有機化学などの幅広い知識や技術を学びます。6年間しっかり学習し問題がなかったら、卒業見込みと判断された学生に対して薬剤師国家試験の受験資格が与えられます。かつて薬学部は4年制でしたが、法律が改正されて4年制から6年制となりました。現在は必ず6年間しっかり勉強しなければ薬剤師になることができない仕組みになっています。

 薬剤師になるためにはしっかりと学び、必ず国家試験に合格しなければいけないことを理解しておきましょう。そして大学在学中の6年間はしっかりと計画的に薬学に関する知識を履修し、国家試験に合格するための受験勉強をする必要もあります。必ず試験に合格して卒業と同時に薬剤師として働けるようにしましょう。